忍者ブログ
株式会社トミーウォーカーの 『シルバーレイン』 参加PCである 五木・萌 のキャラクターブログ。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あーうー。

まどかにもにょもにょする。

いや、厳しい現実を目の当たりにして、
魔法少女になるのを躊躇うのは自然な感情だと思いますが。

思いますが。

前回、マミさんに、あれだけの事を言ったのに。

ずっと凍てついていたマミさんの心を、
あたたかくて甘いシロップをかけて溶かしたくせに。

ずっと、一緒に居るって約束したくせに。

これは裏切りだ。

うー。


そんなまどかとは違い、さやかは魔法少女になる道を選び、
颯爽と 魔女に襲われていた まどかとひとみを助けます。
でも、空元気っぽくて痛々しい。

さんざんマミさんに忠告されていたのに。
他人のために願いを使っちゃいけないって。
絶対に後悔するって。

何だか、色々と伏線を拾い始めてきましたね。
やな予感しかしない;
マミさんマミさんマミさんマミさん!

今回もマミさんの回。


「いつもひとりぼっちで泣いてばかり」

「本当に、側にいてくれるの?」

「体が軽い」

「こんな気持ちで戦うなんて初めて」

「もう、何も怖くない」


今回の戦闘シーンも凄すぎた。
もう何も怖くないマミさんの攻撃力UPは半端ない。
浮かれっぷりも半端ない。(祝砲ドン☆)

相変わらず、不安な感じを煽る演出が光りまくり。
それまで まどかと繋いでいた手を離して、
「いいもんじゃないわよ、魔法少女って・・・」 とか。

なんだか、ほむらちゃんが強すぎないかと思いつつ、次回へ!
今回は、マミさんとキュゥべえから、
魔法少女についておおまかなあらましを聞く話。

何はなくとも、マミさんの回でした。

マミさんの銃は単発式なんですね。
銃を召喚しては、一発撃つごとに捨てていくのが斬新。

そして、いよいよ、魔女との戦闘!
あの曲かかった!燃えてきた!

戦闘中の銃の召喚!
「後輩に、かっこ悪いトコ見せられないものね」
いやぁマミさんは格好いいなぁ。
こりゃー、まどかじゃなくても憧れるってもんです。
前から気になっていたのを、ついに見たのですよ。
今更感が漂いますが、感想が書きたくてたまらなくなったので書きます。

劇場風味溢れる不思議な始まりの演出から、
いきなり黒髪の子の戦闘シーン。
いまいちどんな戦いか分かりづらいのだけど
ここでかかる曲はものすごく格好良い。

♪子供のころ夢にみてた、古の魔法のように~ の部分でゾクゾク。

そして、そこに被せてくる白い魔法生物?のまどかへの語りかけ。

「避けようのない滅びも、嘆きも、すべて君が覆せばいい。
 そのための力が、君には備わっているんだから・・・!」

やばい、これは燃える。
鳥肌!

そして、締めは
「ボクと契約して、魔法少女になってよ」
おお、これが噂の!

黒髪の子は、この前の場面で、「ダメー!」って言っているっぽい。
ちょっと気になる感じ。

そして、夢オチ?と目覚めて、オープニングテーマへ。

・・・はぁー、すごかった。
ここまでで、もうすでに好きになったかも。


日常にもどって、転校生として黒髪の子、暁美ほむらがやってくるんだけど、
これが思わせぶりな行動、発言ばかりするんですよね。
伏線張りまくりですか。まったくもって油断できません。

友達のさやかと仁美との会話で、ほむらとのことを
「あんたたち、時空を越えてめぐり合った運命の仲間なんだわ!」
って茶化されるんですけど
序盤ででこんな感じで言われる事って、真理をついてるのがお約束ですよね。
今後どうなるのかお楽しみ。

夢の中に出てきた白い動物、キュゥべえと、現実世界でも出会い、
助けを求められるも さやかと共に異空間に閉じ込められる。
定番の流れながら、その演出は奇妙の一言。
すげー。
ケレン味たっぷりで、ちょっとウテナを思い出したり。

そこを助けてくれたのは、黒髪の魔法少女ほむらに続く
新たな魔法少女、巴マミ!
大量に召喚した銃での範囲攻撃で、魔女の使いを一掃。
更にちょっかいを出そうとするほむらを相手に
「呑みこみが悪いのね。見逃してあげるって言ってるの」 と、ステキ発言。
こ、これは格好いいぞ!
遅れて読むのも乙なものよ。
まだまだ追いつきませんが。

■動物園
とうとう終わってしまいました。
でも、よかった。
仲良しの後日譚とかやってほしかったなぁ。
でも、サーカスのシクマさんを許すなら、水族館のイサナさんも・・・
無理か、命を奪う事に躊躇なかったもんね、あの人。
でも、何気に好きだった。
次回作にも期待。

■銀魂&スケット
すごいなー。
でも、総合的には、やっぱり銀魂の人の方が上なのかなって思った。
スケットも面白い時にはすごい面白いし、注目してます。
ちなみに、私も「ボッスン」の発音、間違ってた。

■ドイソル
何気に面白いよね。
可愛い女の子も出てきたし。
「全然大丈夫!私ドMだから!」
こういう、釣り目で美形で強気なキャラに弱いんですよね、私。
とかいって、もう現行では連載終わってたりして。

■めだかボックス
実は楽しんでます。
生徒会入れ替え戦は、せいぜい江向戦くらいまでで
それ以降はグダグダでヤバかったですけど、
通常運転に戻って少しペースが戻った感じ。
喜々津ちゃんとか、ちょっといちご屋さんのミチルを思い出してしまったり。
■ワンピース
でっかい女の子って、需要ありますよね。
こう、ある層に一定の。

■銀魂
えっ。
ラブプラスやってみたくなってきました。
皆口裕子の人で。どれだろ。

■ナルト
半蔵さん、カッコいいことはカッコいいんですけど
今更掘り下げられてもな展開が続いているとしか。
えぇい、アスマはいい。サイを出せ、サイを。

■ドイソル
盛り上がってないですか?
案外面白くないですか?

■武者マンキング
ちょっとこなれてきた?
秀吉までやってほしい。

■マジコ
あれ、読んでてなんだか顔がにやける。
策略にはまったか。

■メルヘン
「メルヘーニュ」ってあいさつが、結構クセに。

■エニグマ
今回も、問題に対して主人公達が知恵と勇気で立ち向かうんじゃなく
主人公達の能力に合わせて問題を用意するエニグマさんが忍ばれる回であった。

■動物園
やっぱりシシドくんがやられた!がっくし。
しかし、今日も華ちゃんは可愛かった。
園長がんばって!暴れてー!
今頃読みました。

■ナルト
その他大勢の戦いばっかり出されてもしょうもないです。
話そのものはしっかりしてるのに、全然盛り上がらない。
アスマもこの間死んだばっかりだろうに、シカマルたち見て「立派になった」とか吹く。
『ダルイ部隊長の壮絶知略戦!』 並の脱力です。
あと、カラーページのサイくん塗り忘れですよね?ヒドイ!

■ワンピース
しらほしかわいい。

■トリコ
あーあ、またやっちゃった。
下書きとか最低。

■武者マンキング
なんというか、絵で状況が説明できてないっていうはマンガとしてどうなんだろう。

■ドイソル
キャラ立って来ましたね。
「弱音で凄まれた・・・!」っていうの、ちょっと面白かったです。

■スケットダンス
こういうマンガだったんですか?
ちょっとストーリーの各話の揺れ幅の大きさについていけなくなってきたかも。

■保健室
もうダメかもわからんね。
プラグマの「まったくだ」とか、すごく良い部分もあるのに。
スケットもそうなんですが、日常の話の方が面白いです。

■動物園
あっ、ミチさん人間だってもう出ちゃってた。
なんか、遅れて読んでるくせに展開の予想とかしちゃだめですね。
ハナちゃん&シシドくん、鈴木&トイトイペアの愛らしい。
またシシドくんが連戦させられそうで心配。
あんまり負けさせないでほしいな。
普通に一週間遅れで感想書いてますが、
まあ、お気になさらず。

新連載の武者マンキングは、
ありきたりながら、それなりにおもしろかったです。
一応、これからに期待。

■マジコ
もうキスなの?
もう少し引っ張るかと思った。
冒険の果てに信頼が生まれた上での葛藤でないと味気ないな。残念。

■ドイソル
少し持ち直した?
岡くんが、クチダケタツオとようやく差別化を。
でも、白い方の主人公に魅力ないのがなぁ~・・・

■ぬら
えっちぃ・・・!
普通にこういう日常路線でいいのに。
でも、多分、もうこれ以上は面白くならないんだろうなって思う。

■動物園
やばい、トイトイ可愛すぎ。鈴木好きすぎ。
でも、ずっと一緒で、死ぬほど大切な人なんだ。
これくらい当たり前ですよね。
良い方にも悪い方にも、ひたむきな愛ってやつです。
偏愛ですけど。
水族館の伊佐奈館長もそうでしたけど、欠損ある人格をうまく描くなあと。
あと、ミチさん、人間ってオチでしょう、これ。


・・・あれ、ワンピースがない。なんで?
ともあれ、前号のナルトやトリコの下描き掲載や、
今号の「前号飛ばしたっけ?」的な突飛な話構成など
ちょっとジャンプどうしちゃったのって感じですが、トイトイが可愛いのでよし。
新連載のマジコとかいうのが、読みきりかと思うくらいに
さっぱりと終わっていた。
続きが楽しみでない連載というのも斬新・・・か?
ヒロインの女の子はかわいい。

動物園のハナちゃんに迫る勢いだ!

ドイソルは、ここに来てガッカリな展開。
相手が気を抜いたかどうかなんてどう判断するの。
裏ルールとか、馬鹿にしてる。

個人的に好きな動物園は、燃え展開。
シシドくんの成長が嬉しい。
「もっと死ねー!」から、密かにファン。
そして、トイトイが可愛い。
鈴木さんのこと好きすぎ。

一番はハナちゃんですけどね!
実は最近、週間少年ジャンプが比較的安定して供給される環境になりまして。
いつまで続くか分かりませんが、年末くらいから読ませてもらっているのですよ。

一番楽しみにしていた、
いつも最後の方にあるサッカーまんがが終わっちゃいました。
ざんねん。
ええっと、タイトルは・・・多分、ライトウィング。

げっ、冗談のつもりだったのに、ページめくって調べてみたら合ってた。
なにこれ怖い。まんますぎ。

最後の試合、シアンがリヒトくんの背中の羽根をむしるシーンが面白すぎました。
審判に見えてないって事は、シアンくんは、リヒトくんの背中の何もない空中で、
必死にむしりむしりするジェスチャーしたってことですよ?
そしたら、リヒトくんは「ぎゃあああー」って。
すごいとしか言いようがないです。
作者さんの、秘めた妄想力に頭が下がります。
でも、先週から新しいサッカーまんがを始めちゃってる辺り・・・
ジャンプもすごいですよね;
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


PR