忍者ブログ
株式会社トミーウォーカーの 『シルバーレイン』 参加PCである 五木・萌 のキャラクターブログ。
[572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■ 図書館危機 / 有川 浩


図書館シリーズ第三巻。
まとめて借りられたからまとめて読んだ。
べっ、別に面白かったからじゃないんだからね!

前の記事でも書きましたが
毬江ちゃんの受難から始まり、小牧教官がますます格好良くて困ります。

あ、そういえば、毬江ちゃんは障害者って設定だから、
テレビアニメ版では、毬江ちゃんのエピソードをやれなかったらしいですね。
メディア良化法に屈したのか。

放送禁止用語のお話もあり、これはなかなか興味深かったです。
メディア良化法への風当たりが変わってきたぞーと
お話的にも転機になっている感じ。

女子寮での陰険さとか;
でも、ここが面白いのも柴崎がいなくて郁が一人だったからだと。
へこんでグジグジする郁は嫌いだけども、
前向きに猪突猛進する郁は見てて気持ちがいい。
主人公、成長してますよね。

堂上教官は、この巻あたりから、郁とやったらイチャイチャしまくっております。
なんだろうなー、郁の方は意識しちゃったからっていうのも分かるんだけど、
教官、今までクールぶってたのに急にどうしたの?
いや、読者的には問題ないんですけど、客観的に見ると急接近過ぎないか。


さて、次で最終巻なわけだけど、はたしてどう着地しているんだろう。
お話的には、メディア良化法に楔を打ち込む!みたいになるのが定石なんでしょうが
そこまではやらず、人間関係の風呂敷を包んでラブラブで終わりそうな気がする。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]


PR